医療終身保険(無解約返戻金型)メディフィットA(契約年齢:20~85歳(主契約)) 「医療」も「がん」もトータルサポート!お手頃な保険料で一生涯の保障!

1 保障は一生涯! 2 保険料は一生涯あがりません! 3 がん保障が充実!

【基本(主契約)】一生涯安心が続く、充実の保障 + 【オプション】 選べる特約 先進医療保障 入院一時金・通院保障 上乗せ入院保障 がん安心保障 3大疾病保障

基本(主契約) 一生涯安心が続く、充実の保障 契約年齢:20~85歳

病気やケガによる入院・手術を一生涯保障!しかも保険料は一生涯あがりません!

医療終身保険(無解約返戻金型)

入院
日帰り入院から保障

1回の入院のお支払限度は60日型120日型から選択できます。

*日帰り入院とは、入院日と退院日が同一の日である入院をいい、入院基本料のお支払いの有無などを参考にして判断します。

<3大疾病入院無制限給付特則を選択された場合>
  • 7大生活習慣病による入院は1回の入院のお支払限度を60日延長
  • 3大疾病による入院は支払日数無制限!

*7大生活習慣病入院無制限給付特則も選択できます。その場合、7大生活習慣病による入院は支払日数無制限となります。

お支払限度について(主契約60日型の場合)
  • 3大疾病入院無制限給付特則 病気・ケガによる入院60日限度+7大生活習慣病による入院プラス60日限度で1入院120日まで保障!3大疾病による入院3大疾病による入院支払日数無制限
  • 7大生活習慣病入院無制限給付特則 病気・ケガによる入院60日限度+7大生活習慣病による入院支払日数無制限
7大生活習慣病とは
  • がん
  • 心疾患(急性心筋梗塞を含む)
  • 脳血管疾患(脳卒中を含む)
  • 糖尿病
  • 高血圧性疾患
  • 腎疾患
  • 肝疾患
3大疾病とは
  • がん
  • 急性心筋梗塞
  • 脳卒中
手術
  • 入院中・外来を問わず約1,000種類の手術を保障!
  • *公的医療保険制度対象手術を保障します。

    *「創傷処理」など手術給付金をお支払いできない手術が7種類あります。

  • ニーズに応じて2つのタイプ(手術Ⅰ型・手術Ⅱ型)から選択できます。

*手術Ⅱ型を選択された場合、手術給付金は手術によって基本給付金額※15倍・10倍・20倍・40倍をお支払いします。

入院中 3大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)で入院中の手術 開頭術・開胸術・開腹術(例:くも膜下出血による開頭術、胃がんによる腹腔鏡手術) 手術Ⅱ型 基本給付金額※2 × 40倍 手術Ⅰ型 基本給付金額※2 × 10倍
入院中 3大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)で入院中の手術 開頭術・開胸術・開腹術以外(例:皮膚がんによるがん細胞切除術) 手術Ⅱ型 基本給付金額※2 × 20倍 手術Ⅰ型 基本給付金額※2 × 10倍
入院中 3大疾病以外の病気・ケガで入院中の手術 開頭術・開胸術・開腹術(例:虫垂炎による腹腔鏡手術、帝王切開による開腹術) 手術Ⅱ型 基本給付金額※2 × 20倍 手術Ⅰ型 基本給付金額※2 × 10倍
入院中 3大疾病以外の病気・ケガで入院中の手術 開頭術・開胸術・開腹術以外(例:白内障による手術) 手術Ⅱ型 基本給付金額※2 × 10倍 手術Ⅰ型 基本給付金額※2 × 10倍
外来 病気・ケガで手術 例:子宮頸管ポリープ、もらいもの(麦粒腫切開術)、巻爪(陥入爪)による手術 基本給付金額※2 × 5倍

放射線治療
病気・ケガによる放射線治療を保障!

総線量(グレイ数)による給付の制限はありません。

基本給付金額※1 x 10倍

*放射線治療給付金のお支払限度は60日に1回とします。

骨髄移植術
病気による骨髄移植術を保障!

基本給付金額※1 x 10倍

*骨髄提供者(ドナー)は骨髄移植給付金のお支払いの対象となりません。

  • ※1
    基本給付金額は主契約の入院給付日額と同額です。

このページの先頭へ戻る

+

オプション 先進医療・退院後の通院・7大生活習慣病などに備えて えらべる特約

先進医療・退院後の通院・7大生活習慣病など多様なニーズに合わせた特約をご用意。必要なものだけプラスすることであなたのニーズにフィットする医療保険をつくれます。

先進医療による療養を保障!

先進医療特約(11)

先進医療給付金(技術料相当額(自己負担額))と
先進医療一時給付金5万円をお支払い!(通算2,000万円限度)

*療養を受けられた日において、先進医療に該当しないときはお支払いできません。

入院時、退院後の通院にかかる経済的負担に備えることができます。

入院一時給付特約

日帰り入院でも、最高10万円※2の一時金をお支払い!

入院されたとき、入院一時給付金(一時金)をお支払いします。

*入院を2回以上された場合でも、継続した1回の入院とみなされるときは、入院一時給付金は1回分のみお支払いします。

  • ※2
    入院一時給付金額は、10万円以下かつ主契約の入院給付日額x20倍以下で設定いただけます。

通院治療特約

退院後の通院を保障!

がんを原因とした通院の場合は、退院後5年間支払日数無制限!

通院治療一時給付金
通院治療給付金の支払われる通院を開始されたとき、5,000円をお支払いします。
通院治療給付金
通院治療給付日額×通院日数をお支払いします。

通院の原因 がん以外 通院対象期間 退院後180日以内 支払限度日数 30日 退院の原因 がん 通院対象期間 退院後5年以内 支払限度日数 支払日数無制限

通院の原因が、がん以外の場合
<通院の原因が、がん以外の場合> 【入院から退院まで】がん以外による入院(主契約:疾病入院給付金・災害入院給付金) 【退院の翌日から通院対象期間180日】1日目の通院:通院治療一時給付金+通院治療給付金 通院:通院治療給付金(30日分限度)
通院の原因が、がんの場合
<通院の原因が、がんの場合> 【入院から退院まで】がんによる入院(主契約:疾病入院給付金) 【退院の翌日から通院対象期間5年】1日目の通院:通院治療一時給付金+通院治療給付金 通院:通院治療給付金(支払日数無制限)

がんなどの7大生活習慣病や所定の女性特有の病気による入院に備え、保障を上乗せできます。

7大生活習慣病入院特約

7大生活習慣病による入院を手厚く保障!

3大疾病を含む7大生活習慣病により入院されたときに7大生活習慣病入院給付金を上乗せしてお支払いします。

<3大疾病入院無制限給付特則を選択された場合>

7大生活習慣病のうち、3大疾病による入院は支払日数無制限!

<7大生活習慣病入院無制限給付特則を選択された場合>

7大生活習慣病による入院は支払日数無制限!

7大生活習慣病とは
  • がん
  • 心疾患(急性心筋梗塞を含む)
  • 脳血管疾患(脳卒中を含む)
  • 糖尿病
  • 高血圧性疾患
  • 腎疾患
  • 肝疾患
3大疾病とは
  • がん
  • 急性心筋梗塞
  • 脳卒中

お支払限度について

7大生活習慣病入院給付金の給付限度の型は120日型、180日型があり、主契約の給付限度の型に応じます。また、7大生活習慣病入院無制限給付特則が適用された場合、この特約に給付限度の型はありません。

3大疾病入院無制限給付特則:主契約 給付限度の型60日型、7大生活習慣病入院特約 給付限度の型120日型|3大疾病入院無制限給付特則:主契約 給付限度の型120日型、7大生活習慣病入院特約 給付限度の型180日型|7大生活習慣病入院無制限給付特則:主契約 給付限度の型60日型、7大生活習慣病入院特約 給付限度の型<支払日数無制限>7大生活習慣病入院無制限給付特則:主契約 給付限度の型120日型、7大生活習慣病入院特約 給付限度の型<支払日数無制限>

女性疾病入院特約

女性特定疾病による入院を手厚く保障!

がんや所定の女性特有の病気により入院されたときに女性疾病入院給付金を上乗せしてお支払いします。

女性特定疾病のうち、がんによる入院は支払日数無制限!

女性特定疾病とは

がん(女性特有のがんに限りません):乳がん、子宮がん、肺がん など 乳房および女性生殖器系の良性新生物および性状不詳の新生物:子宮筋腫、卵巣のう腫 など 甲状腺の疾患:バセドウ病、橋本病 など 乳房および女性生殖器系の疾患:子宮内膜症、卵巣機能障害 など 妊娠、分娩および産じょくの合併症:異常分娩(例:帝王切開)など

お支払限度について

女性疾病入院給付金の給付限度の型は60日型、120日型があり、主契約の給付限度の型と同一です。

がん入院特約

がんによる入院を手厚く保障!

がんにより入院されたときにがん入院給付金を上乗せしてお支払いします。

がんによる入院は支払日数無制限!

がんと診断確定されたときや抗がん剤(腫瘍用薬)による治療などをサポートするがん安心保障。

抗がん剤(腫瘍用薬)治療特約

入院または通院での抗がん剤(腫瘍用薬)による治療を一生涯保障!

抗がん剤(腫瘍用薬)による治療を受けられた月ごとに1回お支払い!

  • 入院・通院ともにお支払いします。
  • 給付金額の通算限度はありません。
  • 「腫瘍用薬」と「ホルモン剤」または「生物学的製剤」を併用した場合も保障※3します。
  • ※3
    「ホルモン剤」のみ、または「生物学的製剤」のみを用いた抗がん剤治療は腫瘍用薬治療給付金のお支払いの対象となりません。

*腫瘍用薬治療給付金のお支払限度は同一月に1回とします。

*責任開始日から90日以内に診断確定されたがんはお支払いできません。この場合、特約は無効となります。

がん診断特約

初めてがんと診断確定されたときなどにがん診断給付金(一時金)をお支払い!

最初のお支払い:初めてがんと診断確定されたとき 2回目以後のお支払い:直前のお支払理由に該当された日からその日を含めて2年を経過した日の翌日以後に、診断確定されたがんによる入院を開始されたとき(責任開始日から91日目以後に診断確定されたがんが完治していない場合でもお支払いの対象となります。)

給付金額の通算限度はありません。

*がん診断給付金のお支払限度は2年に1回とします。

*責任開始日から90日以内に診断確定されたがんはお支払いできません。この場合、特約は無効となります。

3大疾病になられたときの経済的負担に備えることができます。

3大疾病保障特約

3大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)で所定の理由のいずれかに該当されたとき、3大疾病保険金(一時金)をお支払いします。

*3大疾病保険金は1回のみお支払いします。この場合、特約は消滅します。

*責任開始日から90日以内に診断確定されたがんはお支払いできません。

所定の理由

【がん】責任開始日から91日目以後に初めてがんと診断確定されたとき(上皮内がんも対象)【急性心筋梗塞】治療を目的とする公的医療保険制度対象手術を受けられたとき(60日以上の労働の制限等の有無は問いません。)または60日以上、労働の制限を必要とする状態※4が継続したと診断されたとき【脳卒中】治療を目的とする公的医療保険制度対象手術を受けられたとき(60日以上の労働の制限等の有無は問いません。)または60日以上、言語障害、運動失調、麻痺などの他覚的な神経学的後遺症が継続したと診断されたとき

  • ※4
    軽い家事などの軽労働や事務などの座業はできるが、それ以上の活動では制限を必要とする状態

3大疾病保険料払込免除特約

3大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)で所定の理由のいずれかに該当されたとき、以後の保険料のお払込みは必要ありません。

ご契約から保険料の払込みが始まり、所定の理由のいずれかに該当したとき、以後の保険料はいただきませんが、保障は継続します。

*責任開始日から90日以内に診断確定されたがんは保険料のお払込免除のお取扱いはできません。

所定の理由

【がん】責任開始日から91日目以後に初めてがんと診断確定されたとき(上皮内がんも対象)【急性心筋梗塞】治療を目的とする公的医療保険制度対象手術を受けられたとき(60日以上の労働の制限等の有無は問いません。)または60日以上、労働の制限を必要とする状態※4が継続したと診断されたとき【脳卒中】治療を目的とする公的医療保険制度対象手術を受けられたとき(60日以上の労働の制限等の有無は問いません。)または60日以上、言語障害、運動失調、麻痺などの他覚的な神経学的後遺症が継続したと診断されたとき

  • ※4
    軽い家事などの軽労働や事務などの座業はできるが、それ以上の活動では制限を必要とする状態

このページの先頭へ戻る

上皮内がんとは

上皮内がんとはがん細胞が上皮内(大腸(結腸・直腸)の場合は粘膜のなか)にとどまっており、それ以上浸潤していない初期のがんのことをいいます。

お電話でのお問合せ・ご相談

[フリーダイヤル]0120-315-056(通話無料)
[受付時間][平日 9:00~19:00/土・日 9:00~17:00](祝日および年末年始を除く)

各種お手続き

住所変更・名義変更などインターネットで各種お手続きがカンタンに行えます。

インターネットからお申込み途中の方や、インターネット申込みを完了された方の専用ページはこちらから。

ログイン

お手続き可能時間 午前7:00~翌午前2:00

HP-M310-150-16102372(H28.10.18)