健康経営への取組み

健康経営宣言

一人ひとりの職員が主体的に健康維持・増進に取り組むことができる「いきいきと働き続けられる会社」を実現し、健康経営からSDGs「サスティナブル社会」への貢献を目指し「メディケア生命 健康経営宣言」を策定しております。

メディケア生命 健康経営宣言

当社は、私たちが出会うすべてのみなさまが、安心と希望に満ちて、健やかにくらしていける社会の実現のために、もっともっと未来にフィットし続けていく会社でありたいと考えています。
そのためには、経営の源である「人」の健康に投資し、従業員の活力向上、組織の活性化を通じ企業価値向上を図る取り組みである「健康経営」が重要と考えています。

当社は、住友生命グループの一企業として「住友生命グループ健康経営宣言」の枠組みに沿った取り組みを推進してまいります。

メディケア生命保険株式会社
取締役社長 野村 洋一

一人ひとりが主体的に健康維持・増進に取り組むことができる「いきいきと働き続けられる会社」を実現するために、健康保険組合と協力して、健康管理、健康リスクの軽減、健康維持・増進活動の奨励に関する取り組みを実施していきます。

1.健康管理
  • 定期健康診断(人間ドック含む)、2次健診、ストレスチェック等の受診・受検勧奨
  • 特定保健指導、生活習慣改善指導等の浸透
  • 家族の健康診断受診率の向上
  • 健康保険組合・産業医と連携した取組みの推進
  • 電話健康相談の活用促進
2.健康リスクの軽減
  • 働き方変革による労働時間の削減
  • 長時間勤務の抑制とヘルスケア
  • 各種ホットライン(通報窓口)の周知
  • 受動喫煙防止対策・禁煙の推進
3.健康維持・増進活動の奨励
  • ICT活用や機関紙等による健康情報の提供
  • 健康イベントへの参画促進(ウォーキングキャンペーン等)
  • スポーツクラブの利用促進
  • 運動習慣、食習慣の改善促進

実施体制・PDCA イメージ

従業員が能力を最大限に発揮できるような職場環境の維持・改善に積極的に取り組むため、会社および健康保険組合は、①健康管理、②健康リスクの軽減、③健康維持・増進活動の奨励などの健康増進施策を実施し、従業員やその家族が積極的に健康維持・増進に取り組むことをサポートします。

【P(計画策定)】[メディケア生命保険株式会社⇔連携⇔住友生命健康保険組合]メディケア生命保険株式会社:住友生命のグループとしての当社健康経営宣言 年度健康増進施策取組計画 住友生命健康保険組合:データヘルス計画 年度保健事業取組計画【D(取組推進)】[経営管理部(主管)⇔連携⇔健保組合]経営管理部(主管):健康増進施策推進⇔連携⇔衛生委員会・産業医 「健康づくり責任者」=経営管理部長⇒施策実施⇒従業員・家族 健保組合:データ分析、保健事業推進⇒保健事業実施⇒従業員・家族【C・A】従業員・家族に対する取組み振返り(経営管理部・衛生委員会・産業医・健保組合) 振返り結果を次期取組計画に反映(経営管理部・衛生委員会・産業医・健保組合) 経営会議にて経営層に報告

取組みの状況

定期健診、2次健診の受診勧奨を行い、特定保健指導の浸透などと合わせて、人間ドック費用の一部を支給し、受診促進に努めています。

左右にスワイプ可能です

指標 評価項目 2020年度実績
定期健康診断 1次健診 受診率 100%
2次健診 受診率 74.2%
2次健診 対象者占率 20.3%
40歳以上の特定保健指導 対象者の割合 10.2%
指導完了率 56.3%
喫煙者数 喫煙率 12.8%
  • 新型コロナウイルス感染症の影響により健診機関の都合等でやむを得ず2021年度の受診になった者を含む。